不妊・不育治療、妊活

42歳、第2子妊活中

こんにちは!幸せパンダです!

現在42歳ですが、今年の6月から第2子の妊活を開始しています。

年齢のこともあり、1年間限定の妊活です。

なぜ6月からかというと、帝王切開(緊急帝王切開でした(涙))で出産したので、次の妊娠まで1年あけないと子宮破裂の恐れがあるからなんです。

【体験談】出産レポート③:緊急帝王切開さて、出産レポート①②の続きです。 https://happy-panda.net/birth-report-1/ ...

そこで、息子が生まれてからちょうど1年の6月から妊活をスタートしました。

 

今回は不妊治療は一切せず、タイミングのみでの妊活。

(息子の時も、不妊治療もしたけどうまくいかず、結局は自然妊娠だったんですよね~。)

 

正直、これからかかる子どもの教育費などを考えると、不妊治療にお金を使う余裕もないし、そもそも一人授かっただけでもすご~くありがたいので、そこまでしなくていいかな、というのもあります。

あくまで自然に任せて1年間やってみよう、ということになっています。

 

とはいえ漢方信者の私は、妊娠しやすい体作りのため、4月頃から以前お世話になった漢方医院に行き始めたのですが・・・

【高齢出産二人目妊活】41歳ですが・・・漢方で再び妊活開始! こんばんは!幸せパンダです! タイトルの通りなんですが、二人目の妊活を1年間限定でしようと思っています。 息子を帝王切開で...

残念なことに、7月に閉院してしまいました(涙)。で、いまだに代わりの病院を見つけられていません・・・。

現在はとりあえず近所の産婦人科で処方してもらった「当帰芍薬散」を飲んでいるのみ。

フルタイムで仕事をして、息子のお世話もあるので、正直病院に行く暇がなかなかありません(涙)。

 

そして、高齢で不育症の疑いもある私の場合、産婦人科探しもなかなか難しくて。

不育症の疑いがあったので、以前は東大病院の不育症外来に通っていて、妊娠して心拍を確認してからは茗荷谷の産婦人科を紹介されて、出産間際までそちらに通っていたんです。

当然専門医なのでレベルも高く、満足していましたが、なんせ家から遠いし、土曜日は混んでいるので息子も連れて行けないし、平日は仕事もあるし。

そこで、家の近くの産婦人科を探してみたけど、不育症の知識がある病院は少ないんです。

薬の処方は(私の場合は)バイアスピリンだけなので、どこの産婦人科でもできなくはないけど、

「年齢のこともあるし、専門医にかかることをおすすめします。」

と言われてしまいました。まあ、そうですよね。

結局、もともと通っていた茗荷谷の産婦人科に、会社を休んで行くしかないのかなあ、と思っています。

 

仕事をしながら、第2子の妊活って難しいなあ~と実感中です。