中央アメリカの国・エルサルバドルの定番の出産祝い

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

週末は夫がいるので、何となくバタバタ忙しいです。

でも、息子は相手をしてもらえるので、とっても嬉しそう。

「あ~・・・」「う~・・・」のおしゃべりもいつもより弾みます。

私も日頃からもっともっと遊んであげればいいのでしょうが、家事もしないといけないし、ずっとは相手をしてあげられないんですよね。

前は寝ていることが多かったのでよかったのですが、最近は起きている時間が長くなってきたので、相手をしてあげられないことが気になっています。

なんとなく寂しそうな、遊んでよ~という顔で見られるので、罪悪感を感じたりするんですが・・・。

さて、先日知り合いの方からちょっとおもしろい出産祝いが届きました。

その方のご主人が中央アメリカのエルサルバドルという国の出身で、以前私のスペイン語の先生でした。

奥さんもフリーランスで仕事をされていて、家にいることも多いので、レッスンの後に3人でお茶をしながらお話をしたりすることもよくありました。

奥さんは国際協力関係の仕事をされていて、世界中を飛び回っていて、憧れの存在。

話をしていても私が知らないことを色々と知っているので、すごく刺激になるんですよね。

今はスペイン語は習っていないのですが、奥さんと私の間に共通の知り合いがいることもあり、私が出産したという話を聞いて、お祝いを贈りたいから住所を教えて、と連絡がありました。

そして、「エルサルバドルの定番の出産祝いを送るね。」と言われたので、エルサルバドルの定番の出産祝いって何???とすごーく気になっていました。

そして、ついに届いたのですが・・・

なんとメリーズのおむつ4パックでした。

なるほど~、エルサルバドルの定番の出産祝いっておむつなんですね!!!

日本でおむつを出産祝いに贈るってあんまりない気がします。

でも、絶対に使うものだし、外れのないプレゼントかも!!!

サイズは大きめのMサイズでした。(息子は今パンパースですが、Sサイズを使っています。)

出産祝いも国によって色々なんですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告