フランスでは一般的!ペリネ(骨盤底筋群)ケアについて調べてみた。

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

昨日は夫の親戚が赤ちゃんを見に来るということで、昼から飲み会をしていました。

手料理も準備。

私も久しぶりの飲み会で楽しみにしていました。

親戚の子どものお誕生日が近かったので、フランス人の友人直伝のチョコレートムースも作りました。お誕生日&ハローウィーン仕様にデコレーション。

下にあるカラフルなボールはラムネ。

実はデコペンで絵を描きたかったのですが、うまく書けず・・・。

汚くなった部分をごまかすために、急いで買ってきてのせました(笑)。

まあ、何とかごまかせたかな・・・?

ところで、このチョコレートムースのレシピを教えてくれたフランス人の友人(といっても70歳を超えたマダム)から、出産後は「périnée(ペリネ)」のトレーニングをした方がいいよ。日本ではあまりトレーニングしないと聞いたから!と言われました。

ペリネという単語が分からなかったので、何のことかなあと思いながら聞いていましたが、ペリネのトレーニングをしないと内臓が落ちてくるよ~みたいなことを言われました。

何でもフランスでは、ペリネのトレーニングは保険でカバーされていて、産後にみんな受けるらしいです。

ということで、気になるので早速「ペリネ」について調べてみました。

ペリネとは?

フランス語で、骨盤底筋群をふくむ骨盤底全体のことを言います。

ペリネケアはなぜ必要か

ペリネは子宮、膀胱や直腸などを支えています。

妊娠すると重くなった子宮を支えるために、ますますペリネに負担がかかります。お産後は出産でダメージを受けたペリネに、赤ちゃんを抱っこしたり、無理な姿勢で育児をしたりと、さらなる負担がかかる可能性があります。また、負担がかかり過ぎることでペリネがうまく機能しないと、尿漏れ、便秘、下腹部ポッコリ、将来的に子宮脱になるなどの可能性があります。

一般財団法人日本ガスケアプローチ協会HPより

出産後、ダメージを受けたペリネをそのまま放っておくと、40代、50代になってから尿漏れ、ガス・便漏れ、子宮脱といった問題を引き起こすことになるそうです。

フランスではペリネケアは一般的に普及しており、産後のペリネケアにかかる費用は100%保険適用されているそうです。

産後の検診で産婦人科医が「ペリネのリハビリ」の処方箋をだすのが一般的だそうです。

【参考記事】

骨盤底筋先進国フランスの「ペリネ」から学ぼう

ペリネケアの効果

ペリネをケアすることにより、以下のような効果が期待できます。

・尿漏れの防止

・腰痛の防止

・骨盤のゆがみを改善

・スムーズなお産

・授かりやすい体質へ

ペリネケアをどこで受けられる?

東京だと、一般社団法人 日本ガスケアプローチ協会が有名みたいです。

産後クラス」という、産後1ヵ月以降から6ヵ月までの方を対象とした70分のクラスがあるようです。

子連れでの参加が可能だそうです!

場所は渋谷なので、うちからはちょっと遠いですが、子連れでも参加できるのであれば一度行って、効果を実感したいなあと思います。

行ったら、ご報告しますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント