【産後の骨盤ケア】産後の骨盤矯正は必須、どんな方法があるのか調べてみました!

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!
今日の山口は小雨。梅雨らしくなってきましたね!

さて、ちょっと気が早いのですが、産後の骨盤矯正について考えています。
実際に出産したらそんなことを考えている暇はなさそうなので、今のうちに・・・。

そこで、実際にどんな方法があるのか調べてみました。

1. 妊娠中の骨盤の状態

妊娠をすると、胎盤の元となる組織から「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

妊娠のごく初期から妊娠性のホルモン「リラキシン」の働きで、骨盤の関節をつないでいるじん帯がゆるみはじめます。

これは出産に向けた準備を体が始めるからなんです。骨盤のまわりの筋肉をゆるませ、出産に向けて骨盤がゆっくりと開いていき、赤ちゃんが通る道を作ってくれます。

じん帯のゆるみは妊娠中ずっと続き、分娩のときに最大にゆるみます。そして産後2ヶ月くらいで回復します。

しかしその作用によって、骨盤の恥骨結合や仙腸関節がゆるみグラグラしてきます。

さらに自分の身体の重みがかかるため、お尻が重だるくなったり、激しく痛んだりする事があります。

2. 産後の骨盤ケアの重要性

妊娠中にゆるんだ骨盤を元に戻すため、産後の骨盤ケアが必須です。

産後の骨盤ケアを怠ると、のちのち身体に様々なトラブルが起こってきます。

骨盤のゆるみによるトラブル

・尿漏れ、痔、脱肛

・骨盤のゆるみにより内臓が下がり、ポッコリお腹に

・腰痛、恥骨、股関節の痛み

・膣のゆるみ

・ボディラインの崩れなど

3. 骨盤矯正の方法

自宅で骨盤エクササイズ

ネットで調べると、色々なエクササイズ方法が出ています。

お金もかからない、簡単な方法ではありますが、個人的には毎日継続するのはなかなか難しいです・・・。

骨盤ベルト

装着するだけで矯正効果があるので、忙しいママにとってはとても助かる便利アイテムです。育児や家事をしながら骨盤矯正が出来てしまうので、時間を作って運動したりする必要もありません。

骨盤ベルトについては、私は産前・産後も使えるトコちゃんベルトをすでに使っているので、出産後もこちらを使い続ける予定です。

ゆるんだ骨盤が安定するので、毎日つけており、効果を実感しています。腰痛に悩まされることがなかったのはトコちゃんベルトのおかげだと思っています。

トコちゃんベルトについては以前のブログにも書いていますので、読んでくださいね!

手軽に妊娠中の骨盤をケアする方法がないかと調べた結果、骨盤ケアで定評のあるトコちゃんベルトを購入しました。トコちゃんベルトのつけ方をきちんと学びたかったので、トコちゃんの骨盤ケア教室にも参加しました。骨盤が安定するので、トラブルも減り、効果を実感しています。

骨盤矯正ショーツ

毎日履くだけというお手軽さ。24時間着用可能なので、夜寝ながら骨盤矯正が可能です。

ただ、どれがいいのか判断に悩みます・・・。

口コミがよさそうなものをピックアップしてみましたが、実際はどうなんだろう・・・?


骨盤矯正整体

・スタイルクリニカ

以前調べた際、口コミがよさそうだったので気になっている整体院です。

産後の骨盤矯正なら 東京整体スタイルクリニカ

・武蔵小金井の整体院

私の住んでいる武蔵小金井の整体院もピックアップしてみました。

スポルト鍼灸整骨院 武蔵小金井店 

武蔵小金井駅前整体院

4. 骨盤矯正の時期

骨盤ベルト、骨盤矯正ショーツの場合

骨盤の開きだけでなく前後の傾きや左右差を減らし腰回りを安定させるためにも、産後2ヶ月までは骨盤ベルトで適度に締め付けるのが効果的です。

骨盤矯正ショーツについても、産後すぐに使い始めた方がいいそうです。

骨盤矯正整体の場合

関節が柔らかい早期の施術の方が効果がありますが、体がしっかりと回復するのを待ってから施術する必要があります。

大体産後1ヵ月から骨盤矯正を受けることができます(帝王切開の方は、2ヶ月後から)。

産後6ヵ月までがベストです。

5. まとめ

エクササイズを続ける自信はないので、産後2ヵ月までは骨盤ベルト、寝ている間は骨盤矯正ショーツ、その後は骨盤矯正整体を利用して、骨盤を戻したいと思っています。

骨盤矯正ショーツについては、どれを買うかまだ決めていません・・・。

もう少しリサーチして購入し、使用感をまたご報告しますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告