おいでませ山口へ!有名な萩の夏みかん丸漬を光國で購入しました!

ただいま実家の山口県に帰省中です。出産のため、しばらく滞在予定です。

先日萩までドライブをしたので、帰りに光國で「夏みかん丸漬」を購入しました。食べるのは久しぶり!
実は夫の実家でも評判がよく、もし手に入ったら送ってね~とお願いされていたんです。今回せっかく山口にいるので、お店まで買いに行くことにしました。

夏みかん丸漬とは・・・

夏みかん丸漬は、砂糖漬けにした皮の中に、羊羹を流し込んだお菓子。甘ったるいと思いきや、意外にさっぱりしたお味です。皮の甘さと、甘さ控えめの上品な味の羊羹がマッチして、絶妙なんです!そもそも夏みかんの皮の砂糖漬けが大好きなので、とっても気に入っているお菓子です。写真のようにそのままカットして、皮もまるごといただけます。今回久しぶりに食べて、とっても美味しかったのですが、今回のものは皮が少し固めだったような気がしました。私の実家でも夏みかんを作っていますが、今年の夏みかんは不作で皮が厚かったので、そのせいかも?その年の夏みかんの出来によって、多少違うのかもしれませんね。

こちらの夏みかん丸漬ですが、2015年に「ケンミンSHOW」という番組で紹介されて以来人気が爆発し、しかも1日に作れる量も決まっていることから、常に品薄状態が続いているようで・・・。最近は山口でもなかなか出回っていないんですね。一度東京から取り寄せようとしたのですが、HPには全国発送は一時停止中とありました。

さて、お店では無事購入することができましたが、残り数が少ないというようなことを言われましたよ。やはり依然として品薄なんですね。

ところで、光國のHPに気になる記載が・・・

「光國本店」と「長州屋光國製菓本舗」の違いについて
長州屋光國は当店三代目光國義太郎の弟が分家したものであり、 お味、お値段、製造販売方法がそれぞれ違っております。 お間違いございませんようにお願い致します。

どうやら、夏みかん丸漬はいくつかのお店が作っており、「長州屋光國」のものも歴史が古く有名なようです。上記によると、光國から分家して作られたお店みたいですね。
でも、本家のプライドなのか、なんとなく「長州屋光國と同じにしないで欲しい!」という気持ちが文面から伝わってきますね・・・。

多分萩の人でしたら、どちらの方が美味しいのか分かっていると思うのですが、私は光國のものしか食べたことがありません。
この帰省中に一度食べ比べをしてみたいと思っています。

次は御堀堂の外郎がくる・・・?

なお、このGWにも山口のお菓子が「ケンミンSHOW」で紹介されていました。
御堀堂の外郎です。
これは私が小さい頃からずっと食べていた馴染みのあるお菓子です。
山口の外郎というと、豆子郎のものが有名で、御堀堂の知名度はいまいちの印象でした。
豆子郎も美味しいのですが、少なくとも私の実家では、外郎と言えば御堀堂が一番!といつも言っていたので、テレビで紹介されていてちょっと嬉しかったです。
ただ、もともと山口の外郎の知名度は低かったはずなので、今回のテレビ放送で注文が殺到するのではないでしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です