共働き→妊娠して専業主婦に変わって、節約のために我が家で実施したこと

妊娠して、仕事の契約期間が終わるタイミングで専業主婦に変わり、収入がぐっと減りました。
仕事をしている間はかなり貯金はできていたのですが、これからは気をつけないといけないので、夫婦でこれからのどのように家計をやり繰りするか話し合いをしました。

目的

  • 収入が減っても、毎月の収支が赤字にならないようにする。ボーナスには手をつけずに生活する体制を整えたい。
  • 教育資金&老後資金を確保する。

実行したこと

  • スマホを格安携帯に変更

ずっとソフトバンクユーザーでしたが、ワイモバイルに変更しました。通話は10分間までなら無料で、1年間特別割引付きの月1,980円のプランです(2年目以降は2,980円)。通勤時に使用しなくなったので、データ容量も小さくても間に合うので、2GBのプランにしています。
今まで1万円近く携帯電話代を支払っていたので、最も手早い節約となりました。
夫はまだ2年間の契約期間中なので変更できませんが、契約期間終了後にワイモバイルにする予定です。そうすると家族割も適用されて、さらに安くなります。

  • 毎月、項目ごとの予算を決める

支出を項目分けして、項目ごとの予算を話し合って決めます。特に食費は週ごとの予算で管理。予算はオーバーしているものの抑制効果があるので成果は出ていて、食費は月1万円ほど安くなりました。

  • 家計を一緒にして、お小遣い制にする

今まで食費が私、それ以外は夫、貯金はお互いいくらずつ、という感じでざっくりと管理していましたが、すべて一緒にして、お小遣い制に変更。少々息苦しくはありますが、どんぶり勘定がなくなるので、効果はあります。お小遣い制にしたら自由に使えるお金も減るので、ファッション関連の費用がかなり減りました。(まあ、仕事をしなくなって服もそんなに必要なくなった、というのもありますが・・・。)

管理

毎月家計簿を夫と二人でチェックして、翌月の予算決めをします。また、3ヶ月に1度、決算をしています。(これはいくら貯金ができたかを確認するためで、今までもずっとやっていました。)

こんな感じでしばらく続けてみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です