【9/12からスタート】「楽天カード」の利用代金を「楽天スーパーポイント」で支払いできる!

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

私は楽天のJCBカードをメインカードとして使っています。

年会費無料ですごく便利なカードなのですが、さらに新しいサービスが明日からスタートするようです。

その名も「楽天カード ポイントで支払いサービス」です!

「楽天カード ポイントで支払いサービス」とは

「楽天カード」の月々のお支払い金額に「楽天スーパーポイント」を充当できるサービスです。

1回の手続きにつき50ポイントから最大500,000ポイントまで利用することが可能です。

サービスは2018年9月12日(9月27日お支払い分)より開始になります。

そう!明日からのスタート!!!

詳細はこちら↓をご確認くださいね。

ポイントで支払いサービス

私は楽天証券の口座を持っていて、楽天市場&楽天カードの利用で貯まった「楽天スーパーポイント」は、投資信託の買い付けに使っています。

私は先日楽天証券の口座を開設しました。 楽天証券では、投資信託の買い付けに楽天スーパーポイントが使えるのをご存知ですか?楽天証券では、投資信託は100円から購入できます。つまり、楽天スーパーポイント100ポイントから購入可能!ポイントを有効利用できますね!

そのため、このサービスは今のところ使う予定はありませんが、楽天のサービスはどんどん広がっていってますね!

楽天市場、楽天カード、楽天銀行、(使っていないけど)楽天モバイルなど、すべてのサービスの連携がうまくとれているので、非常に使い勝手がいいです。

実は、私はもともと「Yahoo!カード」をメインカードとして使っていました。

こちらも年会費無料で、Yahoo!ショッピングでポイントがどんどん貯まるし、すごく便利なカードなんですが、楽天カードの場合、貯まったポイントで投資信託の買い付けができるというところが魅力で、現在は楽天カードをメインに使っています。


楽天カードを作るなら、JCBがおすすめ!

【2018.11追記】

実は気づいていませんでしたが・・・

2017年11月から楽天カードからnanacoクジレットチャージを含む次の電子マネーチャージが対象外になりました。

・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica
・スマートICOCA

今さら気づきました。

そのため、こちらの情報は間違っているので、削除しておきます。

楽天カードはそのままキープしておきますが、nanacoクレジットカード用にセブンカードかリクルートカードを検討中です。

なお、楽天カードを作る場合は、JCBがおすすめです。

なぜかというと、「nanacoクレジットチャージ」ができるからです!

これはとっても便利な機能です。

国民健康保険、国民年金、公共料金、税金など、請求伝票の下にバーコードがついているものは、すべてセブンイレブンでnanacoを使って支払うことができます。

その際、事前に楽天カードからnanacoにクレジットチャージしてから使うと、カード使用分の「楽天スーパーポイント」をゲットすることができます。(但し、nanacoのポイントは貯まりません。)

通常は、公共料金等は現金払いで何もポイントは貯まりませんが、楽天JCBカードがあれば、楽天カードのポイントがもらえちゃうんです!

ただ、nanacoのクレジットチャージには上限があり、チャージ上限額50,000円、1回のチャージ可能額5,000円以上、1,000円単位で30,000円までとなっています。

今は夫の扶養に入っているため、国民健康保険、国民年金の支払いはないのですが、以前フリーランスで働いていた時は、毎月約45,000円の国民健康保険、国民年金(+住民税、固定資産税など・・・)を払っていたので、かなりお得でした。

今年は住民税の支払いで活躍しています。

特にフリーランスの方には活躍の機会の多いカードではないかと思います。

ただし、JCBしかこの機能がないので、必ずJCBを選択してください!

私は当初このことを知らずにVISAで作ってしまい、わざわざいったん解約してから、JCBに変更しました・・・。

ただ、JCBの欠点は海外であまり使えないことなので、海外で利用する用のカードは別に必要かもしれません。

楽天のサービスはどんどん広がっていっているので、これからも期待大ですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告