0歳児の赤ちゃんが夢中になる、おすすめの絵本「もこもこもこ」

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

絵本って種類がたくさんあって、一体どれを選べばいいのか悩みますよね。

先日読んでいた世界標準の子育て [ 船津 徹 ]で紹介されていた絵本を買ってみたところ、息子がすごく気に入りました!

買ったのはこちらの「もこもこもこ」。

もこもこもこ /文研出版/谷川俊太郎
by カエレバ

かなり大判の絵本なんですが、色使いがとってもきれい。

文章はほとんどなく、「もこもこもこ」とか「にょきにょき」とか、音を楽しむ絵本なんですが、0歳児にはこのくらいがちょうどいいみたいです。

読んであげると、うれしそうに笑って、ニコニコしています。

逆に文章が多い絵本だと興味を示しません。

月齢に応じた絵本を選ぶのって大切だなあ・・・って思います。

ただね、絵本というより、おもちゃとして楽しんでいる感じなので、1日にしてこんなことに(涙)。

そう、早速ページを破られています。

まあ、息子の絵本ですし、楽しんでくれたらいいかな、と思うので、気にしないようにしています。(ほとんどの絵本はぐちゃぐちゃになっています。)

今は図書館で絵本を借りるのは無理だなあ・・・。

先ほど紹介した育児書「世界標準の子育て [ 船津 徹 ]」にも書いてありますが、子どもの「考える力」を高める最高のアイテムは、「本」だそうです。

また、1歳を過ぎたら子ども専用の本棚を作って、絵本を並べるといいそうなので、1歳になったら息子に本棚を買ってあげようかな・・・と思っています。

★★★絵本に関するブログ記事★★★

私は生後2ヵ月頃から絵本の読み聞かせを開始しました。 息子は、最初は全く興味を示していませんでしたが、最近(生後3ヵ月)は嬉しそうに笑っています。 少しは効果があるのかな?
先日3ヵ月検診だったのですが、その際に「じゃあじゃあびりびり」という絵本をプレゼントされました。 この絵本、息子の食いつきがすごい! いつもこの本を読んであげると声を出して笑っていて、とってもうれしそう!
最近、8ヵ月の息子が絵本に対して自己主張するようになってきました。 息子のお気に入りの絵本を読んであげて、読み終わると、「もっと読んで~。」という感じて泣いたり、好きな絵本にはすごく食いついたりと、はっきりと意思表示をするように。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする