SBI証券のiDeCo口座:「DCニッセイ外国株式インデックス」で運用開始

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

最近息子がニコニコしていることが増えました。

新生児ってほとんど笑わないんですよね。知らなかったので、最初笑わない息子を見て、何か問題があるのではないかと心配になりました(笑)。

子どものいるいとこに、「生まれたては笑わないよ~。」と言われて、安心しました。

最近は急に笑顔が増えましたね。日々成長しているんですね。

笑顔を見せてくれると、この子のために頑張ろう!という気持ちが湧いてきます。

さて、息子の将来の教育費&老後資金を貯める目的で、iDeCoをやっています。

iDeCoの節税効果については、以前のブログ記事でも書きました。

子どもの出産を控えて、教育資金がきちんと準備できるのか、心配になってきました。特に我が家は夫45歳、妻41歳の時の子どもになるので、教育資金と老後資金が一気に押し寄せてくるのが現実です。いろいろと調べて我が家に最適な教育資金貯蓄プランを考えてみました。

節税もできるし、老後資金も貯まるし、絶対に損のないかなりお得な制度なんです。

(ただし専業主婦の場合は節税効果はなくなるので、お得感は半減です。それでも、主婦の方は退職金を積み立てる気持ちで使えばいいのでは、と私は思いますが。)

さて、iDeCoを始める際に、どの証券会社にするか決めなければいけません。

ネットで調べたところ、一般的にはSBI証券と楽天証券がおすすめみたいです。

私はもともと証券口座を持っていたSBI証券にiDeCo口座を開設しました。

そして、6月からついに運用を開始しました!!!

現時点では月11,000円で、外国株式に投資する投資信託「DCニッセイ外国株式インデックス」のみ購入しています。

アセットアロケーションについては以前決めており、外国株式の割合がすごく少ないので、そこを強化するために選びました。

子どもも生まれるし、心機一転!ということで、我が家のアセットアロケーションを決めました!ひとまずこれに従って資産運用を開始しようと思います。アセットアロケーションについて、我が家の目標値と現状、参考にした本などについて書いています。

仕事を辞めるし、支払いが心配なので、少なめの掛け金にしておきましたが、やはり最大限利用したいと思い、掛金を最大の月23,000円に引き上げることにしました。

最近夫の給料が上がり、今は割と家計にゆとりがあるので、今のうちにしっかりと積み立てておきたいと思っています。

高齢出産の悩みの一つですが、夫が55歳くらいになったら早期退職の打診なんてこともあるかもしれません・・・。業績によっては。

それまであと10年しかない・・・。

そうなったときに、子どもが進学できないなんてことになったらかわいそうなので、今のうちにしっかりお金を確保しておこう!という作戦です。

同様の理由で、保険の加入も考えており、早速保険会社に連絡を取りました。

学資保険はいい商品がないので、メットライフ生命のドルスマート(低解約返戻金型終身保険)に加入予定です。

子どもの出産を控えて、教育資金がきちんと準備できるのか、心配になってきました。特に我が家は夫45歳、妻41歳の時の子どもになるので、教育資金と老後資金が一気に押し寄せてくるのが現実です。いろいろと調べて我が家に最適な教育資金貯蓄プランを考えてみました。

この保険については、為替の影響を受けて資金が目減りする可能性もあるということで、ネット上では賛否両論ですが、色々と考えた結果、我が家ではこの保険を選びました。

お金に余裕のある今のうちにしっかりと将来に備えたいと思います。

(あれば使ってしまうタイプなので、iDeCoやら保険やら、使いたくても手のつけられないお金があった方が安心です・・・。)

私も落ち着いたら仕事しないとな!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告