離乳食の「手づかみ食べ」はいつから始める?始めるサインは?メリットとデメリットは?

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

息子もそろそろ8ヵ月になります。離乳食は3ヵ月目に入ります。

以前から先輩ママの話を聞いているとよく出てくる「手づかみ食べ」というワード。

それっていつからなのかな~、まだまだ先だよね~、なんてのんびりしていましたが、うちもそろそろ始めた方がいいのかも?と急に思い始めました。

というのも、息子が離乳食のお皿に手を伸ばすようになってきたからなんです。

でも「手づかみ食べ」ってぐちゃぐちゃにされそうなイメージで、正直気乗りはしない・・・。

いつから「手づかみ食べ」を開始するのか、なぜ「手づかみ食べ」をした方がいいのか、調べてみました。

「手づかみ食べ」とは?

「手づかみ食べ」というのは、その名のとおり、赤ちゃんが食べ物を自分の手でつかんで食べることです。

周りの先輩ママの話を聞いていると、「手づかみ食べ」というワードがしばしば出てきます。

なんでも「手づかみ食べ」の練習をしているとか。

なんとなく、スプーンとか、フォークとか使えないから「手づかみ食べ」なのかと思っていましたが、どうやらそうではないらしいんです。

「手づかみ食べ」を始めるタイミングは?

赤ちゃんが食べ物に興味を示したり、食べる意欲がわいてくると、自然と食べ物に手を伸ばしてくるようになります。

離乳食を開始した時は、お母さんがスプーンを赤ちゃんの口に持っていって食べさせますが、赤ちゃんが自分で食べたそうなそぶりを見せた時が、「手づかみ食べ」を始めるタイミングです。

一般的には9ヵ月~11ヵ月の離乳食後期から開始することが多いそうです。

実は昨日、急に息子(もうすぐ8ヵ月)が離乳食のお皿に手を伸ばしてきました。

ひっくり返されると嫌なので、すぐにやめさせましたが、その時ふと思ったんです。

「もしかして、そろそろ手づかみ食べをさせたほうがいい?」

で、ママ友に聞いてみたら、まさにそれが開始のサインだよ!と言われました。

当然、テーブルや床には食べ物が落ちてぐちゃぐちゃになるけど、それは仕方ないそうです。

ママ友は床にいらない広告紙を敷いてから食べさせていると言っていました。

ただ、絶対に手づかみ食べをさせないといけない!ということではありません。

赤ちゃんにもそれぞれ個性があるので、積極的に「手づかみ食べ」をしようとする子もいれば、手がベタベタするのを嫌がる子もいるそうです。

あくまで無理強いはせず、「手づかみ食べ」をしたがる子には積極的にさせてあげ、苦手な子には手がべたつきにくいもので試してみる、という感じて進めていけばいいそうです。

絶対に無理強いはしないこと!

「手づかみ食べ」の場合、何を食べさせる?

うちの子はおかゆのお皿に手を伸ばしてきたので、そのまま触らせていましたが、手もテーブルもおかゆでベタベタに・・・(涙)。片付けが結構大変でした・・・。

いくら練習とはいえ、ママのためにも、おかゆのようなドロッとしたものは避けた方がよさそうです。

ママ友に教えてもらったのは、やわらかく茹ででスティック状にした野菜を握らせる、という方法。

それを握らせておけば、他のものはそんなにはぐちゃぐちゃにされないそうです。

確かに、これだとそんなに散らからなくて良さそうですね。

ということで、今日はさっそく野菜スティックでチャレンジ! 大根を茹でてみました!

スティックの大きさですが、あまり小さいサイズだと丸飲みする恐れがあるし、あまり長くても喉に突き刺さって危険なので、手で握ったときに少しはみ出る程度がいいそうですよ。

さっそく持たせてみました。しばらく触って遊んでいます。

それから口に入れて、しばらくしゃぶっていました。

まだ歯がないのであまり食べれませんが、先がちょっと減ってる(笑)。

ちなみに、うちの子はまだ食べれませんが、9ヵ月頃になったらおにぎりやお焼きなども食べれるようになりますよね。これらは「手づかみ食べ」におすすめだそうです。

おすすめの「手づかみ食べ」メニューを紹介している記事を見つけましたので、リンクを貼っておきますね!

離乳食、手づかみ食べはいつから?おにぎり、パン、野菜にお焼きなどおすすめメニューを紹介

「手づかみ食べ」のメリット

「手づかみ食べ」のメリットは色々とありますが、まず、食べ物に対する子どもの好奇心が出て、食が進む、というのがあるそうです。さらに、手先を使うので、手先の感覚を鍛えることにもつながり、発達にもいい影響を及ぼすそうです。

その他にも色々とメリットはあるようです。


手づかみ食べも「はいはい」と同じで、「スプーンやフォークが上手く使えないから仕方なく・・・」ということではなく、「自分の手で食べ物を握って口に運ぶ」というプロセスをしっかり体験することが大切だと言われています。例えば以下のようなことです。

●五感の発達
 ・・・食べ物の温度、固さ・柔らかさ、触感、臭いなどを感じてから食べることが、五感の発達に繋がります。

●手先の発達
 ・・・目と手と口をすべて協調させて動かすことは、手先の発達に繋がります。おもちゃと違って、強く握りすぎると潰れるなど、力加減を学ぶこともできます。

●一口の量を学ぶ
 ・・・親がスプーンであげるときは量が調整されていますが、自分で手づかみ食べすることで、自分の口に適した大きさや量を学びます。

●食べる意欲
 ・・・自分のペースで食べることで、食べることの楽しさや意欲が育ちます。

手づかみ食べを十分にすることで、その後のスプーンやフォーク、お箸などへの移行もスムーズになると言われています。道具を使う練習を急がずに、まずは手づかみ食べをしばらくさせてあげましょう。


【教育研究家に聞く】赤ちゃんの手づかみ食べ、いつからいつまで?

本当にいいことばかりですね!

「手づかみ食べ」のデメリット

逆にデメリットですが・・・

これはもうママ側の話ではありますが、散らかる!ということに尽きるのでは?

あとは、赤ちゃんがご飯を食べながら遊び始めてしまう、いわゆる「遊び食べ」をしてしまい、なかなか食べることに集中してくれない、というのもありますね。

息子の場合も食べ物を触ったり、野菜スティックをしゃぶっている間は食事は進まないので・・・私もワインを飲みながら気長にやりました(笑)。

汚れることについての対策としては、

・不要な新聞紙やチラシなどを床に敷く

・ビニールシートを床に敷く(エコですが、毎回拭くのが面倒なので、私はチラシ派です。)

・手洗い用のフィンガーボールを準備する

・暖かいお湯を入れたたらい&ガーゼハンカチを準備する

・スタイ+長袖エプロンで洋服をガードする

などがあります。

たらいですが、ぬるめのお湯とガーゼハンカチを準備して、汚れた手や顔を拭きます。

汚れがひどすぎて、ティッシュやウェットティッシュでは落ちないので、やってみたところかなり便利でしたよ!

そして、洋服が汚れるのが何とかならないかと思っていたのですが、こういった長袖エプロンもあるみたい。これは我が家の救世主になりそうです!

ただ、長袖エプロンだと首周りに隙間があってそこから食べ物が落ちたりすることがあるようなので、これにいつも使っている離乳食用のスタイをプラスするといいみたいですよ!

「手づかみ食べ」はいつまで?

さて、「手づかみ食べ」ですが、一体いつまで続ければいいのでしょうか。

答えは、赤ちゃんがスプーンやフォークを上手に使えるようになるまで、です。

大体1歳~1歳半頃からスプーンやフォークを使えるようになりますが、上手に使えるようになるのは、2歳前後と言われています。

まあ、2~3歳頃までは、「手づかみ食べ」とスプーン・フォークの併用でも問題ないようですよ。

食事のマナーの教育は、3歳頃から始めるといいそうです。

2歳だとイヤイヤ期真っ最中なので、なかなか言うことを聞いてくれないので、難しいそうですよ。

まとめ

子どもの発達のためにも、「手づかみ食べ」を早速取り入れてみました!

実は昨日から始めてみましたが、テーブル周りはぐちゃぐちゃになるものの、一通り遊んで満足した後は、いつもより多く離乳食を食べてくれる気がします。

今まで、特に朝はあまり食べませんでしたが、今朝はほぼ完食してくれました。

ただ、「遊び食べ」の時間が結構入るので、時間はいつもよりかかってしまいますね・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告