【体験談】出産レポート②:陣痛促進剤

スポンサーリンク

さて、出産レポート①の続きです。

先月末に無事出産しました! 予想以上に大変だった出産の様子をレポートします。まずは、おしるし&陣痛→入院までです。 出産の苦しみは忘れる、とよく言いますが、確かにすでに記憶が曖昧になっています(笑)。忘れないように、書いておきます。

お産がなかなか進まないため、27日(水)の午前中から陣痛促進剤を使うことになりました。

陣痛促進剤には錠剤と点滴がありますが、ひとまず錠剤からスタートです。

錠剤のデメリットは、効きすぎた場合後戻りができないこと。

点滴の場合はすぐに点滴をやめればいいいのですが、錠剤の場合は飲んでしまうため、効果がしばらく続いてしまいます。

そのため、1錠ずつ様子を見ながら増やしていきます。

10時25分に1錠目を飲みます。

あまり痛みは感じないものの、分娩感知装置のモニターではお腹が張っているサインが出ているそう。そんな状態がしばらく続きます。

痛みは軽いので、普通に会話する余裕もあります。

そして、11時25分に2錠目を飲みます。

1錠目よりはお腹がはる感覚があります。

でも我慢できないほどの痛みではないので、母と話しながら過ごしました。

昼食が出ましたが、完食して、看護師さんもびっくりしていました(笑)。

そして、12時25分に3錠目を飲みます。

痛みが2錠目の時よりも強くなりました。でもまだ大丈夫!

13時半に先生の内診がありました。

大分子宮口が柔らかくなってきたとのこと。

今日はとりあえず3錠で終わりです。

今日の陣痛促進剤は、子宮口を柔らかくすることが目的だったそうです。

ということで、本番は明日28日(木)の点滴です!

夜間もモニターをつけて、胎児の心拍をずっとモニタリングしていましたよ。

深夜から腰とお腹が痛くて、15分おきに目が覚めました。

陣痛促進剤の効果はもう切れているので、私の自然な陣痛がきているのだろう、とのことでした。

陣痛促進剤には、自然な陣痛を誘発する効果もあるそうです。

やはり夜間も胎児の心拍が2度ほど弱まり、苦しがっているサインが出ました。

さて、6月28日(木)になりました。

まずは内診からスタート。

子宮口の開き具合を見るのですが、その時に先生が子宮口を開くために、中をグリグリするんですが、それが激痛!

もう本当に激痛で、脂汗が全身から吹き出します・・・。

担当医(女医)は、心拍が今の時点でたまに弱まるのが心配、と言っていました。彼女は最初から帝王切開にした方が安全、と考えているものの、先生の間でも意見が分かれているそうです。

病院としては、帝王切開というのはあくまで最終手段で、できれば自然に産んだ方がいい、という考えだそうです。

結局先生方の話し合いの結果、陣痛促進剤を使ってみて様子をみよう、という方針になったそうです。

ということで、陣痛促進剤の点滴を午前中から開始しました。

明らかに今までとは違う、お腹の痛みを感じます。

お腹の痛みは下痢の痛みをもっともっと強くした感じ。

そして、背中にも痛みが・・・。背中の痛みは重く、ずっしりとくる痛みです。

なぜか肛門を圧迫するような感覚も・・・。よく、肛門をテニスボールで抑えると楽になるといいますが、まさにその状態になりました。

点滴の量を少しずつ増やしていくのですが、午後2時頃には我慢できないほどの痛みになってきました。

母がずっとそばにいてくれて、伯母も途中からお見舞いに来てくれましたが、だんだんと話す余裕もなくなってきて、ひたすら痛みに耐えていました。

痛みが来るタイミングで、伯母が背中のツボを指の腹で押さえてくれるのですが、このマッサージがとても上手で助かりました。

何故か母は下手くそ。

悪いとは思いつつも、ちょっとイライラしてしまいました・・・。

伯母は自分も腰が悪いので、ツボが分かっているから、と言っていましたが。

その日はとりあえず16時まで陣痛促進剤の点滴をすることになっていたので、ひたすら16時を待っている感じでした。

早く解放して~と心の中で叫んでいました。

今の時点では子宮口の開きは7センチほどで、まだ生まれる気配はありません。

明日もまた陣痛促進剤のやり直しで、同じ苦しみを味わうのかと思うと正直うんざりだったのですが、とにかく今日のこの痛みから解放されたい・・・そんな一心でした。

例のすごーく痛い先生の内診(=子宮グリグリ)も途中何度もありました。そのたびに脂汗・・・。

子宮口が開いていないから余計痛いんですね・・・。

本当に地獄のような一日でした。

結局16時になり、陣痛促進剤はいったん終了。

点滴をやめたらお腹の痛みはおさまってきました。

でも腰の痛みはずっと続いていました。

おそらく腰の痛みは私の自然な陣痛だろう、ということでした。

これで一晩中様子を見ましょう、ということになりました。

自然な陣痛がきているので、そのままお産につながる可能性もあります、と言われました。

夜、夫が病院に到着しました。

29日(金)から有給をとっているので、28日(木)の夜病院に到着。

私は分娩室にこもっていたので、夫は私の病室に一晩中滞在することになりました。

途中夫も分娩室に来ました。

かなり痛そうな私を憐れみの目で見る夫・・・。

お腹はさほどではなかったのですが、腰が痛くて、痛くて・・・。どんどんひどくなっている感じでした。

胎児の心拍が弱まっているサインは出ておらず、胎児は元気な様子だったので、ひたすらそのまま痛みに耐えていました。

そして、深夜ごろ、突然何かが子宮口から流れ出るような感覚が!

おしるしにしては量が多いし、水っぽい。

そう、破水したのでした・・・。

出産レポート③に続く。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告