妊娠36週2日目:トキソプラズマの検査で陽性・・・不安です。

スポンサーリンク

今日は2週間ぶりの妊婦検診でした。

前回の妊婦検診の際に、3Dの映像を全く見せてもらえなかった&写真ももらえなかったので、この病院にはないのかと思っていたのですが・・・同じ病院で出産した友人が言うには「3Dエコーの写真をいつももらってたよ~。」とのこと。

「でも一度だけもらえなかったことがあって、その人は若い先生だったよ~。」とも言っていました。

その若い先生ってもしかして私の先生・・・?と思ったりもしたので、今日思い切って「この病院には3Dのエコーはないんですか?」と聞いてみました。

そしたら、「3Dも4Dもあるよ~。」だって!

え?じゃあなんで見せてくれないの・・・と思ったのですが・・・。

今回は私がそう聞いたこともあり、最後に3Dの画像を見せてくれようとしたのですが、赤ちゃんが大きすぎてうまく映らなかったようで、

「まあ、もう出産した時に会えるのを楽しみにするしかないね~。」と言われました・・・。

ええ、そうなん?と思いましたが、仕方ない。

残念・・・。ただ、来週は違う先生で予約を入れたので、来週も催促してみようかと思っています。

そして今回の妊婦検診は5,230円。

私の住んでいる東京都小金井市の妊婦検診の助成限度額は5,160円なので、これならほとんど自己負担はありません。東京の時より安く済みます。

前回は11,660円だったのですが、この値段の差は何なんだろう?

前回はおりもの検査と膣内のエコーもあったからなのでしょうか?

★★★前回の妊婦検診について書いたブログはこちら↓★★★

今日は里帰り先の病院(山口赤十字病院)での初めての妊婦検診でした。 エコーが3Dではなく、写真ももらえず、がっかりしました。 総合病院ってこんな感じなのでしょうか・・・。 ただ、総合病院なので、検査自体はとてもしっかりしている印象です。

さて、今日は一難去ってまた一難・・・そんな言葉がぴったりの1日でした。

妊娠糖尿病は大丈夫そう!

以前妊娠糖尿病の検査で引っかかり、ギリギリセーフだったものの、ここ2回は尿検査で毎回糖が出ている状態です(前々回は+、前回は++でした・・・。)

そこで、甘いものを食べるのは週2回だけに控えています。

一切食べないのが一番いいんでしょうが、それも辛くて・・・。

妊娠中のせいかお菓子がすごく食べたくなって、毎回禁断症状に苦しんでいます(笑)。

★★★妊婦糖尿病の検査について書いたブログはこちら↓★★★
妊娠31週5日目
妊娠29週2日目
妊婦糖尿病検査(妊娠25週4日目)

それで、今回も尿検査で糖が出るんじゃないかと戦々恐々でしたが、今回はまったく出ませんでした!

良かった~。

赤ちゃんの成長も順調で、目に見える異常もなし。

臓器もしっかりと発達しているとのことでした。

体重も2,639グラムになっていて、2週間前よりも約300グラム大きくなっていました。

平均よりやや大きめで、順調に成長しています。

ショック!!!トキソプラズマの検査で陽性!

ところが、前回受けたトキソプラズマの検査で陽性が出てしまいました!!!

妊娠初期に検査を受けていて、結果は陰性だったと記憶していましたが、今日改めて前の産婦人科に電話して問い合わせしたところ、検査自体がオプションで私が受けた記録はない、と言われました。

よくよく確認すると、トキソプラズマの検査を入れていた週に、インフルエンザにかかっています。多分それでキャンセルをして、そのまま忘れていたんですね・・・。でも自分は受けたつもりになっていた・・・。

どうやら私の記憶違いだったようです!

トキソプラズマ症について

トキソプラズマは家畜の肉やネコの糞や土の中などにいる、ごくありきたりの原虫です。

感染しても健康な人には全く問題がなく、症状が出たとしても熱やリンパ節の腫れといった風邪のような症状が出る程度で、感染に気付かない場合がほとんどです。

ただ、妊娠中に初めて感染した場合は、胎児が胎内感染する恐れがあるので注意が必要なんです。

妊娠初期に初めて感染した場合、胎内感染する可能性は低いのですが、胎児に感染した場合は重大な影響を及ぼすことがあります(水頭症など)。

妊娠後期に感染した場合は、感染率は高い(70~80%!)ものの、症状は軽い場合が多いようです。

感染した胎児には、流産・死産、脳や眼の障害などが生じることがありますが、症状も障がいの重さも様々です。

そして、感染しても何も症状がないこともあるし、出生時に問題がなくても成長するにつれて症状が出る場合もあります。

特に重要なものは網脈絡膜炎による視力障害です。

非常にまずいではないですか・・・!!!

調べれば調べるほど不安になります・・・。

助産婦さんに感染した場合どんな症状が出るのか聞いてみたところ、一番の問題は流産・死産だと言われていました。

でも私の場合はもう臨月なので、そこについては問題ないし、そもそも感染が確定したとしても、今からできることはあまりない、と言われてしまいました。

また、水頭症の場合はすでにエコーで分かるので、それもない、と言われました。

その点は安心しました。

実は最近知ったのですが、私の親戚にトキソプラズマ感染で赤ちゃんが水頭症になってしまい、死産した人もいます。もう何十年も前の話ですが・・・。

心配なのは、視力障害ですね。網脈絡膜炎という病気が出ることがあるそうで。これは成長して思春期あたりに出てくる場合もあると書いてあり、とても心配になりました。

トキソプラズマは国によっても感染率が異なっており、なんとフランスでは感染率は80%だそうです!

これは生肉やチーズ、生ハムを食べる習慣によるもののようです。

日本でも、馬刺しや鳥刺しを食べる習慣がある地域では感染率が高いとか。

ただ、その場合妊娠前に感染していることも多いようで、特に問題はないようです。

トキソプラズマは妊娠中に初めて感染した場合に、胎児に影響を及ぼします。(風疹などと一緒で、もともと抗体があれば問題ないということです。)

私は以前フランスに約5年滞在しており、生肉やチーズ、生ハムはたくさん食べたし、焼肉屋に行けば生レバーを毎回注文していたので(妊娠中は食べていませんよ。)妊娠前にすでに抗体があったのでは?と勝手にポジティブに考えているのですが・・・。

心配してストレスになっても良くないので、妊娠前の感染であることを祈って、来週の結果を待つだけです。

と言いつつ、気になって仕方ないので、今日はネット検索魔になってしまいました・・・。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告