子育て

0歳児(生後3ヵ月)の息子が食いついた絵本:じゃあじゃあびりびり

こんにちは!幸せパンダです!

先日3ヵ月検診だったのですが、その際に絵本をプレゼントされました。

出産の際にも絵本をプレゼントされたので、これで2回目です。

すごくうれしいですね。他の自治体も絵本のプレゼントがあるのかな?

 

さて、今回プレゼントされたのはこちらの本です。

試しに読んであげたところ、息子の食いつきがすごい!

声を出して笑っています。

ちょっとぐずったときも、この本を見せると機嫌が直ります。

絵本ナビ」というサイトでも紹介されていて、口コミもすごくいいです。

 

あかちゃんの「最初の本」として大人気!
「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」
「いぬ わん わん わん わん」
「みず じゃあ じゃあ じゃあ」
「かみ びり びり びり びり びり びり」
真っ赤でコンパクトなサイズに、たくさんの“音”が詰まっています。

1つの見開きページに、1つの音。
シンプルで目をひく絵はもちろん、文字の配置場所もたのしい。
たとえば、かみびりびり・・・のページは、ほんとに「びりびり」と裂けた紙の形に似た配置。
文字と絵の効果で、まるで絵がうごきだしそうに見えます。

初版は1983年刊のロングセラー。
改訂版となったいまは、あかちゃんがかじっても放り投げても安心の厚紙絵本に。
ぐうぜんファーストブックとしてもらった新米ママパパが、何度か読んでみたらうちの子が声をたてて笑うんです、と驚きの声をしばしばよせてくださる本のひとつです。

絵本を読んであげたいけどどれを選んだら・・・と迷っている方に、ぜひ!
作者まついのりこさんの『ばいばい』『みんなでね』など、他の「あかちゃんのほんシリーズ」もあわせてごらんください。
ママやパパの声でくりかえし読んでもらえる喜びを、あかちゃんが味わえるすばらしい絵本です。

引用元:絵本ナビ

 

私も息子の笑顔を見て、効果を実感しました。

右に左に視線を動かして、一生懸命絵を眺めています。

夫もこの本を読んでいるとあまりにも息子がうれしそうで、その顔を見るのが楽しみらしく、「絵本読んであげて」と言われます。

昨日も言われたので、

「昼間も読んだよ~。」

と言ったのですが、

「読んでるときの笑顔がかわいいから、毎晩読んでいるところを見たい。」

そうです。

自分で読めばいいじゃん!!!と思うのですが、大げさに読むのが恥ずかしいらしい(笑)。

 

まだ絵本のストーリーは分からないので、こういった音の楽しめる絵本がいいんだな~と分かりました。

そこで、以前のブログ記事にも書いた、0歳児におすすめの絵本の中から、「ぶーぶーぶー」と「いないいないばあ」を買ってみました。

【赤ちゃんへの絵本読み聞かせ】0歳からでも効果あり?おすすめの絵本は?こんにちは!幸せパンダです! 午前中は毎週木曜日の日課、児童館へ行ってきました! 今日も息子はじーっと他の赤ちゃんを観察。そして家に...

 

「いないいないばあ」は私も子どもの頃に母から読んでもらった記憶があります。

母は、いないいないばあ~!と実際にやりながら読んでくれたなあ。

記憶にあるということは、4~5歳まで読んでいたということなのかな?

大好きな本でした。

 

メルカリのポイントが貯まっていたので、ポイントで購入です。

絵本はメルカリにたくさん出品されているので、中古品が嫌でなければおすすめです。

ちなみに、ベビー用品については、「プレゼントされたけど使わなかった。」という新品も結構出品されているので、探してみるといいですよ。