子どもとお出かけ

まだ歩けない赤ちゃんにもおすすめ!都立武蔵野公園の「じゃぶじゃぶ池」

こんにちは!幸せパンダです!

武蔵小金井周辺の子どもの遊び場を開拓中です。

「お金をかけない遊び場=公園」ということで、家から歩いて30分の都立武蔵野公園に行ってきました。

汗だくになりながら頑張って歩きましたが、親にとっては運動不足解消のいい機会になります。

 

さて、武蔵野公園はすごく広大な公園です。

とにかく自然が多くて、小学生くらいの子どもだったら、はらっぱでキャッチボールしたり、蝉取りしたり、ピクニックしたり・・・色々な遊びが楽しめます。

問題は、まだ歩けない赤ちゃん。

まだ歩けない赤ちゃんが遊べそうな場所は限られますよね。

特にマップも持っていなかったので、どこかハイハイできそうな芝生や、小さい子どもでも遊べる遊戯がないか探して、公園の中をウロウロしていました。

そしたら、水のある円形の広場を発見!

こちらの広場、「じゃぶじゃぶ池」と呼ばれているようです。

水もほとんどないので、おぼれる心配はないし、ハイハイの体勢でも水に浸かることはありません。

ここなら水遊びできそう!と早速息子に海パンをはかせました。(海パンとタオルだけは準備していました。)

 

じゃぶじゃぶ池の様子

さて、こちらがじゃぶじゃぶ池の様子です。

真ん中にこんな形の石があって、ここから水が湧き出ています。

息子は真ん中のあたりをハイハイして遊びました。お座りをして、水をバシャバシャしてみたり、とっても楽しそうでしたよ!

そして、この石を取り囲むように、円形の広場になっています。

ちょっと不謹慎ですが、イスラム教の聖殿「カアバ」が頭に浮かびました。

武蔵野公園のHPにも、広場の様子が載っているので見てくださいね!

夏到来~親子で楽しめる公園の涼しい場所~

 

スポンサードサーチ

じゃぶじゃぶ池で遊ぶ際の注意点

遊ぶ時間帯

こちらのじゃぶじゃぶ池ですが、時間は16時まで。

私たちが行ったのは15時40分頃だったので、少ししか遊べませんでした。

私たちの他に一組しかいなかったので、気兼ねなく遊べましたが。

16時になったら水が引いていってしまいました。

もしかしたら私たちが行った時点で、水はかなり少なくなっていたのかもしれません。

誰もいなかったし。

 

持ち物

じゃぶじゃぶ池で遊ぶ際に、持って行った方がいいな~と思ったものを書いておきます。

 

子ども

  • 水着(海パン)
  • 水遊び用のオムツ
  • タオル
  • 濡れたものを入れるビニール袋
  • 日焼け止め
  • 帽子

 

普通のオムツ+海パンで遊んでいたら、当然ですがオムツが水でパンパンになってしまいました。

そして、武蔵野公園のHPをよく見ると、水遊び用のオムツを着用してください、と書いてありました。

知らずにすみません・・・。

水遊び用のオムツって使ったことありませんが、購入しようと思います。

もう夏は終わりますが・・・(笑)。

 

 

大人

  • ビーチサンダル(靴下&スニーカーで行ったので、すごく面倒でした。)
  • 足ふき用のタオル

 

スポンサードサーチ

まとめ

じゃぶじゃぶ池は無料で楽しめるおすすめの場所です!

7/27~8/31までは毎日、9/1~9/23までは土・日・祝日は空いているようなので、また今度ちょうどいい時間帯に行ってみようと思います。

大分涼しくなってきたし、朝から出かけてピクニックも楽しみたいですね!