妊娠36週目!今日からいよいよ臨月:赤ちゃんの蚊よけ対策どうしよう?

スポンサーリンク

今日からいよいよ臨月です!

お腹もこんな感じで、かなり大きくなりました。

そろそろ赤ちゃんを迎える準備を本格的にしなければ!

実家にいる間の赤ちゃんのお部屋はもう決まっていて、ひとまず親戚の子どもが使っていたベビー布団を借りれるので、寝具についてはOK!

季節的に気になっているのは、蚊の対策です。

赤ちゃんの蚊よけ対策どうしよう?

今は里帰り中なので実家にいるのですが、実家は昔ながらの一軒家。

自然豊かな田舎なので蚊も多いです・・・。

ここのところ蚊が出始めて、私もしょっちゅう蚊にさされています。

子どもが戻ってきたら、蚊にさされないか心配です。

蚊は色々な菌を媒介しそうだし、何よりも刺されると痒いから可哀そう・・・。

蚊よけ対策をしないといけないなあ・・・と思っています。

私の実家では蚊取り線香を使っていますが、匂いもきついし、赤ちゃんにはちょっと・・・と思います。

あと、市販の液体タイプのものも、安全とは言われているもの、虫を殺すほどの毒性があるのだから、赤ちゃんにはあまり良くないのではないかと思ってしまいます。

また、塗るタイプの虫よけは、肌の弱い赤ちゃんには向かない気がします。

やっぱり安全のためにも、天然成分由来のものがいいのではと思います。

購入予定の蚊よけグッズ

リサーチしてみましたが、こちらのグッズが良さそうです。購入検討中です!

・吊り下げタイプの虫よけ

これを赤ちゃんの布団の近くに置いておこうかなと思います。

天然ハーブ由来100%で安心です。

効果は約90日(45日用×2バッグ)なので、一つ買えばOKですね!

0歳から使えるタイプです。

・シールタイプの虫よけ

天然ハーブの精油(シトロネラ油)を染み込ませたシールです。

シトロネラの香りを虫が嫌うそうで、特に蚊よけ対策としてよく使われるアロマですね。

衣類や掛け布団に貼って使いたいと思います。(ただし、乳幼児の場合は誤飲の恐れがあるので、赤ちゃんの背中など自分で取れない場所に貼って、目を離さないよう注意が必要とのこと。)

ひとまず、吊り下げタイプとシールタイプで蚊よけ対策をしてみて、効かないようなら蚊帳を買うことも検討しようかと思っています。

・蚊帳

素材についてはポリエステル、麻などがあるようです。

麻などの天然素材のものの方が涼しくて快適に過ごせるそうですが、値段がぐっと高くなるようですね。

大きさは、手元に届くと思ったより小さかった!ということもよくあるようで、なるべく大きめを買っておいた方がいいそうです。

東京に戻ると使わなくなると思うので、蚊帳を買うのは最終手段かな・・・。

蚊帳専門店も見つけました。赤ちゃん用蚊帳の種類が豊富です。

蚊帳通販.com

【2018年6月追記】実際に購入した蚊よけグッズ

今日夫が東京の家のすぐ近くにあるアカチャンホンポに見に行ってくれました。

私が上記で紹介していたものと同じものがあったので、購入し、次回こちらに来る時に持ってきてもらうことになりました。(次回は出産の際にこちらに来ることになっています。)

山口にもアカチャンホンポはありますが、実家からは車で40分ほどかかるので、わざわざ行かなくて済んで助かりました!

蚊よけグッズコーナーはかなり充実していたようで、新生児用と6ヵ月以降に使えるものに分かれていたようです。

こんな蚊よけ用アロマも売っていたそうです。

良さそうなのですが、値段が結構いいので、今回は購入しませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告