「美しいキモノ 2018年 夏号」を読みました!

スポンサーリンク

昨日図書館で「美しいキモノ 2018年 夏号」を読みました。

今回目を引いたのはこちらのコーディネート。

八重山上布(やえやまじょうふ)とマングローブで染められた花織の袋帯の組み合わせです。

新垣幸子さんという方が制作されたものです。

八重山上布ではありませんが、色が似ている緑の木綿の着物を持っているので、似たようなコーディネートができるかなと思いました。

いつもそんな視点で「美しいキモノ」を読んでいます。(同じものはとてもじゃないけど手が届きません!)

こういう雰囲気の帯、以前から気に入っていたんです。

以前白髪の初老の女性で、白い着物にこんな帯をされている方がいて、とっても素敵だったんです。

涼しげで夏にぴったりのコーディネートですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告