【武蔵小金井の魚屋さん】ワラサはブリの子どもらしい

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

今日は家でのんびり過ごしました。

午後からお散歩がてら、息子をベビーカーに乗せて、夫と一緒にお気に入りの魚屋さん「村田水産」へ。

お刺身を見ていたら、

夫「見て見て、これ間違ってるよ。」

見てみると、お刺身の表示が「ワラサ」になっています。

夫「サワラって打つつもりが、反対にしちゃったかな(笑)。」

私「あ、ほんとだ!」

そこで黙っとけばいいのに、魚屋のおじさんに直接突っ込みたくなった私。

私「すみません、これ間違ってないですか?」

おじさん「間違ってないよ~。これはワラサなんだよ。サワラとはまた違う魚なの。ブリの子どもだよ。」

私・夫「えっ・・・そんな魚いるんですか!?」

ネットで調べてみたら、成長過程のブリの呼び方で、40〜60cm程度のものを指す、と確かに書いてあります。

というか、間違えを指摘する前に、ネットで調べればよかったですよね。

こんなお魚です。

こちらの↓ブログにとっても詳しく書いてあります。

「ワラサ」とは?その生態と旬の時期、美味しい食べ方までご紹介!

ということで、赤っ恥をかいてきました(笑)。

でもせっかくだから食べてみようということになり、その「ワラサ」を買ってきました。

じゃーん!こちらが「ワラサ」です。500円でした。

ブリよりも脂身が少なくて、あっさりとした味です。

歯ごたえもいいです。

日本酒に合う~!!!

恥をかきましたが、これで記憶に完全にインプットされたので、もう間違えることはないです(笑)。

美味しかった~!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告