【着物でお出かけ】府中駅の近くにある大國魂神社にお礼参り

スポンサーリンク

こんにちは!幸せパンダです!

今日は安産祈願をした大國魂神社に、お礼参りに行ってきました。

今日は夫も有給休暇をとって、家族3人で!

武蔵小金井からバスで20分ほどです。

安産祈願の様子は、こちらのブログ記事↓を見てくださいね!

大國魂神社にて戌の日の安産祈願

安産祈願の際にもらったお札も持っていき、返納しました。

私と息子は着物を着ました。

息子は、お食い初めの時にも着た、袴カバーオール(ロンパース)です。

お食い初めは家から近くて、個室があり、お食い初め膳をやっているところということで、「梅の花 国分寺店」に予約を入れました。 実際に行ってみた感想を書きますね!

私は妊娠前に川越に行った際に購入した、川越唐桟を着ました。

帯留めは紅葉です。ちょっとねじれている(涙)。

この着物、すごく軽くて、着心地がよくて、すごくお気に入りです。

綿なので洗えるので、子どもを抱っこしてよだれがついても全然平気です!

やっぱり子どもが小さい間は、洗える着物が一番だなあ~と最近思います。

ベビーカーを押していましたが、結構色々な人から話しかけられました。

「赤ちゃんいるのに着物なの?大変ね~。」

とか、

「えー!赤ちゃんも着物着てる!かわいい!」

とか、

色々なコメントが。

とにかくベビーカーと着物の組み合わせが珍しいのか、いつもよりジロジロ見られましたよ。

まあ、気にしない、気にしない。

バスの中では90歳くらいのおばあちゃんに話かけられましたが、完全に息子のおじいちゃん、おばあちゃんと間違えられている様子。

「何かお祝い事ですか?」

から始まり、

「立派な福耳ね~。」

「色が真っ白でかわいいわねえ。」

など、お褒めの言葉をいただきました。

しばらく話していると、

「おばあちゃんが美しいから、坊ちゃんもかわいいわねえ。」

と言われて、最初は意味が分からなかったのですが、私のことを「おばあちゃま」と呼んでいるので、ああ、そうか、息子のおばあちゃんと思われているんだ!と気づきました。

褒めてくれているのは嬉しいけど、おばあちゃんと間違えられているのは悲しい・・・。

夫はとってもショックを受けていましたが・・・(笑)。

まあ、おばあちゃんの頃は20歳くらいで子どもを産んでいるだろうし、年齢的にも仕方ないなあ、と敢えて訂正はしませんでした(笑)。

高齢出産あるあるですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告