【お勧めの夏着物】今年も新柄続々!ハイムラヤさんの木綿着物:阿波しじら織

スポンサーリンク

今日は大好きな着物ネタです♪

今は臨月で横綱級のお腹なので、着物は着れないのですが(涙)・・・。

以前木綿着物を購入した「ふだんきものハイムラヤ」から、時々メルマガが届きます。

このお店には結構お世話になっていて、メルマガを見ては、小物を買い足したりしています。

大抵メルマガは(メールボックスが溢れてしまうので)すぐに購読を解除するのですが、このお店のメルマガはずっとキープしています。

今回のメルマガの一押しは、阿波しじら織。また新柄が出たようです。実は私も以前1枚購入しており、大変重宝しています。柄の種類は本当に豊富なので、私もまた着物が着れるようになったら、もう1枚買いたいな~と思っています。

阿波しじら織とは

阿波しじら織は、徳島県徳島市で生産される綿織物です。

阿波しじら織の前身は「たたえ織」という木綿織物で、明治維新当時、阿波国名東郡安宅村(現徳島市安宅)の海部ハナがそれを改良して創案したと言われています。

経糸の張力差を利用し、独自のシボを出すのが特徴です。

今回のメルマガを見て、素敵だな~と思った柄です。

5~9月頃まで着用できる単衣の木綿着物で、まさにこれからの時期に重宝しそう♪

私が実際に購入した「阿波しじら織」の着物はこちら!

今は送料無料で23,220円+税です。私が購入した時は19,000円+税だったので、値上がりしています。

値上げの通知も事前に着ていたので、私は値上げ前に購入したんです。

実際に着用してみた感想

軽くて涼しい!

独特のシボがあり肌に張り付かず、サラリと快適な着心地です。

家でも洗濯可能!

木綿なので、自宅での洗濯が可能です。だから汗をかいても安心。

ちなみに私は手洗いをしているのですが、その際はハイベックDX5というちょっと高級な洗剤を使っています。

この洗剤は、以前通っていた着付け教室の先生に教えていただきました。

正絹の長じゅばんも洗える、ということで。

あまり高いものを洗うのはお勧めしませんが、私はリサイクルショップで購入した長じゅばんを洗っていますが、問題ないですよ。

完全に乾き切るとシワシワになるので、その前にアイロンをかけるのがポイントです。

値段は税込6,480円と高いけど、1回の使用量が少ないので長持ちします。エマールとかに比べてコスパはいいのでは?と個人的には思っています。

手洗いできる着物や、冬物のセーターなんかも、全部この洗剤を使って手洗いしているので、クリーニングに出すことを考えれば随分安上がりだと思いますよ。

ちょっとくたびれてきたコートなんかも、全部手洗いしています。

この洗剤はシワにもなりにくいみたいで、阿波しじら織の着物を手洗いする際、洗濯後にアイロンをかける必要もなかったです。特に縮むこともありませんでした。

ただ、いつも手洗いしていて洗濯機で洗ったことはないので、洗濯機で洗ったらどうなるのかは不明です。

自分のサイズで仕立ててもらえるので、サイズぴったり!

マイサイズに仕立ててもらえるので、サイズがぴったりで気持ちがいいです。

(私の場合まだ着物歴が浅く、ほとんどの着物が親戚がもらったものや、リサイクルショップで購入したもので、それを裄だけお直しして着ています。そのため、サイズが合ったものは着やすいな~と余計思いました。)

着付けしやすい!

サイズが合っているので、着付けも楽でした。

また、生地が滑りにくいので、いつもより上手に着付けできます。

周りからの評判がいい!

まず夏に着物を着ている人が少ないので、夏着物というのが素敵だね!と何度も褒められました。

また、グリーンの色も似合うね!と好評でした。安っぽくも見えないようです。

なので、嬉しくて去年の夏は何度も着用しました。

出産後にまた着物を楽しみたいな~。

授乳があるからしばらくは無理かな???

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告