不妊・不育治療、妊活

妊娠10週3日目

今日は東大病院の診察日でした。

胎児は無事成長していて、41.6ミリになっていました!1週間前26.5ミリだったので、随分成長してます。大きさとしては11週2日くらいだそうです。
私は里帰り出産を希望していますが、東大病院では里帰り出産の妊婦は診察しないそうで、、、茗荷谷レディースクリニックという提携病院への転院となりそうです。
不妊・不育治療、妊活

妊娠9週3日目

今日は近所の産婦人科に行きました。
今日も無事でした!(←この感覚は流産を繰り返した人にしか分からないのでは・・・って思います。普通こんなこと考えないのでは?)
ただ、この近所の先生はいつも内診の際、1分くらい無言なんです。多分赤ちゃんを探しているんだと思うのですが、その間ものすごく緊張します(笑)。何かあるのかな?と。
胎児は前回の19.5ミリから26.5ミリに成長していました。
そろそろ手足もできてきました。こんなに小さいのに心臓も動いてるって・・・本当にびっくりしますね。
もともと子供はそんなに好きではないし、色々と不安も大きいので、「やった~!幸せ!」というテンションではない私ですが、それでも生命の神秘に感動する瞬間です。

不妊・不育治療、妊活

妊娠8週3日目

今日は東大病院の診察の日でした。
良かった!今日も無事でした。
胎児(インターネット情報ですが、8週目からは「胎芽」ではなく「胎児」になるそうです。)は約20ミリになっていて、前回流産した際の18.7ミリ(8週4日)を超えていました!大きさとしては9週くらいの大きさになっているそうで、順調とのことでした。
出産予定日は来年の6月24日です。
そろそろ出生前診断のことを考えないといけないな~と思っています。
出生前診断については賛否両論だと思いますが、年齢のこともあるし(40歳)、私は心配症なので受けないと心穏やかな妊婦生活を送れそうな気がしません。安心するために受けるのですが、万が一悪い結果が出たら・・・と今から心配になっています。せっかく来てくれたのに、こんなことを考えていると、赤ちゃんが逃げていってしまうのではないかと思ってしまいます・・・。
羊水検査は流産の可能性があるのでできるだけ避けたいので、東大病院でやっている胎児ドックか新型出生前診断(NIPT)を考えていますが、NIPTは東大病院で分娩する人でないと受けれないみたいなんです。私は里帰り出産を考えているので、もしNIPTをやるとしたら、東大病院以外の病院で探さないといけません。
また、NIPTは費用が20万ちょっとととても高いので、そこも悩ましいです。
本当に一つクリアしたら、また別の問題が・・・という感じで、不安ばかりの毎日です。

不妊・不育治療、妊活

妊娠6週目

今日は東大病院での検診の日でした。

実は先週の金曜日にお腹がパンパンに張って、東大病院の時間外診察を受けました。その時エコーを見たら、先日見えていた卵黄嚢も見えず、中身は空っぽみたいに見えました。
さらにやけに胎嚢が細長くなっていました。
先生も「うーん、なんだか細長いね、、、。」と一言。
一生懸命時間をかけて探してくれて、なんとなーく影のようなものが見える程度、、、。
時間外診察のエコーの精度が悪いからかもと言われたものの、正直またダメか、、、と諦めモードでした。

でも今日、6週3日で無事心拍確認できました!
一つの段階をクリアした感じです。
とは言え、前回心拍確認後の8週で流産してるから、まだまだ安心できません。
さらに相変わらず胎嚢はバナナみたいな形になっていて、赤ちゃん狭くないかと心配です。

次は2週間後です。
不妊・不育治療、妊活

胎嚢確認

昨日は東大病院の不育症外来に行きました。

妊娠しているということで、バイアスピリンをもらいに。血をサラサラにして血栓を防ぐため、しばらく飲み続ける必要があります。
そして、子宮内の様子も確認しました。
昨日で妊娠4週4日目なので、先生もまだ見えないかもね〜と言いながら確認。そしたら、まだ4.4ミリしかありませんが、無事胎嚢(赤ちゃんの袋)が見えました!
これで妊娠成立は確実ということになります。胎嚢が見えるまでは妊娠成立にはならないので、もし流産しても、流産とはカウントされないんです。(化学流産と呼ばれています。)
次のステップは、胎芽の確認と心拍の確認です。心拍を確認すれば、流産率はぐっと下がります。まあ、私は一度心拍確認後の8週目で流産していますが、、、。
2度も流産していると、本当にいつまでたっても安心できないし、喜べない気持ちです、、、。
また2週間後に病院です。
こちらの記事もおすすめ!